優菜☆彡のRoom of the butterfly 願いを込めて・・・
FC2ブログ
QLOOKアクセス解析div>
2018-09-/ 08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

2012.09/18(Tue)

願いを込めて・・・

こんばんわ、松風じいさんです。



やっと台風も過ぎた様で、
これで少しは涼しくなるでしょう・・・



さて、
前回の記事は、久しぶりに嫁さんが登場していました。

少しづつではありますが、
夫婦で仲良く更新して行こうと思います。

また、
励みにもなりますので、拍手ランキングをポチっとして頂ければ、
幸いですので、宜しくお願い致します。





今回の記事は、
先日、嫁さん側の両親と義弟・義妹家族・義伯母さん・我が娘家族達と、
日帰りではありますが、京都に行ってきました。
嫁さんは、乗りも酔いが酷いのと、
その日の体調があまり良くなかったので、家で留守番状態でした。


本当は、観光で1泊2日がベストだったんですが、
動物(ウサギのリンも居るし、
かと言って、神経質なウサギにとって、
長時間の車での移動は、かえってストレスになるし、
結局は、早朝出発予定で運転手として行って来ました。

目的は、義母さんと義伯母さんのお寺参拝・・・

免許を持たない2人の参拝に、車を3台出動させて、
総勢10人での参拝でした。

まず向かったのは、
私が前々から行ってみたかったお寺・・・
真言宗大覚寺派の本山『大覚寺』

DSCN1887.jpg

DSCN1866.jpg
ここは、”不動明王”を中心とする、
”五大明王像”が、本堂で祀られていました。


この後、嵐山にてお土産ショッピング~~

結局、目的地のお寺に到着したのは、16時前でした。

そのお寺と言うのは、全国から参拝に来られるほど、
1年中鳴いている鈴虫”や”願いを叶えに来て下さる、わらじを履いたお地蔵さん”
で有名な、『鈴虫寺』

詳細はここをクリック

DSCN1886.jpg

DSCN1888.jpg



DSCN1868.jpg
到着してからこの場所まで来るのに、既に40分が過ぎていました。

休日という事もあって、かなりの数の参拝者で行列が出来ていました。


DSCN1869.jpg
やっと受け付けできると思いきや、
私達の前の10人ほどの所で、また待ち時間・・・
お寺の人の話では、約40分ほど待って欲しいとの事・・・

しかも私達の後ろには、まだ200人ほどの行列が・・・

義母さんや義伯母さんの話では、
ここに来る参拝者のほとんどは、鈴虫が目当てではなく、
『わらじを履いたお地蔵さん」だそうです。


DSCN1870.jpg
ようやく中に入れて、お茶と茶菓子が用意されていました。

一度に入れるのが、確か150人ぐらいだったと思います。
住職の話を聞き、わらじを履いたお地蔵さんの事を説明されて、いざお地蔵さんへ・・・


DSCN1873-1.jpg
お寺に行く為の階段を登り、
門のすぐ左側にお地蔵さんはありました。

DSCN1874-1.jpg
確かに近くで見ると、ちゃんとわらじを履いています。

DSCN1875.jpg
参拝者の方は、それぞれに願い事があるのでしょう・・・
ひしめき合った中で、みなさん真剣に手を合わせていました。

写真もお願いも出来る状態じゃなかったので、
人が少なくなるのを待って、私達はこのお寺を後にしました。


DSCN1889.jpg
これがお守りです。

後は、お地蔵さんがいつ来られても良い様に、
玄関前の芝生の手入れや、アプローチの手入れなど、
もう少し綺麗にしようかな・・・


みなさん・・・

京都に観光に行かれる時は、是非ともオススメです。

約7000匹の鈴虫の音色が、
貴方の心の奥の方まで癒してくれるでしょう・・・

たとえ長時間も並んだとしても、
参拝する価値はあると思います。


今度は嫁さんも連れて、京都を町を観光してみたい松風じいさんでした。




































関連記事
スポンサーサイト
01:47  |  旦那(松風)の担当記事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://yuuna98862.blog.fc2.com/tb.php/169-5f33f69e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム